若手俳優オタクが30超えて

観劇オタクの若づくりおばさん奮闘記

ポエマーの逆襲

どうも、若づくりおばさんです。ここまでポエ美との攻防をお送りしてきましたが、いよいよクライマックス、ポエマーの逆襲が始まります。

三行半を突きつけたところ、悲劇のヒロインを演じ始めたポエ美ちゃんに、言いたいことあるならこの際だから言ってください、とお願いしたら次のような内容でした。

「正直、あなたの舞台に対する熱量にはついていけないと感じていた。チケット取りにしてももう私のことは放っておいてほしかった」
青天の霹靂ってこのことだな。舞台に対する熱量についていけないってなんだ。別についてきてほしいなんて思ってないし、そんなお願いしたこと1回もないよ。同じ熱量を強要したこともない。そもそも他担だから熱量で張り合う必要もない。でもチケット取れたら一緒には行くんだよね、行ってたよね?取れたら最初に声かけてもらえるってわかってたよね、それなのに、放っておいてほしい??自分は取れないけど誰かが取ってくれたら行きたい、程度だったってこと?それなら早く言ってよ、本気で行きたい人いっぱいいるし、ツバメの雛みたいに口開けて待ちの姿勢のあなたよりも真剣な人にチケット譲りたかったよ。

「去年の夏のイベントで待機列に並んでた時、私が撮ったチェキを見せてほしいと頼まれたので、見せたら、私の推しが写ったチェキをあなたがうちわにして仰いだのことがショックでした。あなたの友達も一緒だったし、唖然として固まってしまって何も言えなかったけど」
・・・そっかぁ、それは本当にごめんね。これはきちんと謝りました。あのね、記憶に全然ない。自己擁護して申し訳ないけど、本来の私はそういうことしません。正直に言ってくれる人たちに相談したけど捏造じゃないの?って言われたくらいです。信じてくれなくてもいいけど。よっぽど暑くて意識が朦朧としていたか、よっぽど無意識だったんだと思う。あなたが推しさんの命と同じくらい大切に思っているチェキに申し訳ないことをしました。本当にごめんなさい。固まって言えなかったのかぁ、そうかぁ。本当に大切なら叫んででも取り返していいと思う。そういうことしてもごめんって謝ったり2度としないでって言えるのが友達じゃないんだろうか。この固まって言えなかったっていうのが、ショックで動けない傷つきやすい私アピールだと思うんですけどどうですか?陳腐な演出だな、おい。舞台好きならもっと練って来てくれよ。

「私のプレゼントを推しが使ってくれたときあなたに報告したけど、全然喜んでくれなかった。逆のとき私は精一杯喜んできたのに」
テンションが足りなかったみたいです。ポエ美は推しさんに多少なりともプレゼントをあげていましたが、中々推しさんのセンスにハマらないのか、単にタイミングの問題か、使ってもらってるのが一目瞭然な自撮りに出てきたりはしてなかったんですね。対する私は結構使えてもらってたりしたので、その報告をして屈託なく喜んだりしてたのですが。うーん、若づくりおばさんなりに祝福したし、良かったね!って返したと思うんだけどなぁ〜もっとテンション高く、まるで一人息子が灘高にでも受かったお受験ママみたいなリアクションじゃないといけなかったみたいです。友達でも忙しかったり体調悪かったりして常に同じテンションで反応返すの難しいと思うんだけど、大人なんだし。それにその報告来たの、私がポエ美に不信感持ち始めてからのことだったからなおさらテンションあげられなかったのかもしれません。でも少なくとも、自分がちゃんとやってもらったことは忘れずに返したよ。満足させてあげられなくてごめんね。

 

あともう1つあるんですが、長くなってきたのでそれは次にします。ポエマーの逆襲、どうですか?正直私にとってはネチネチしたいちゃもんにしか思えなくて、ポエ美がこんな陰湿なのかって驚きました。言われて当然なことを、こちらがしてるんですかね。ご意見ありましたらよろしくお願いします。