読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手俳優オタクが30超えて

観劇オタクの若づくりおばさん奮闘記

コスプレ観劇奴に遭遇した話③

さてここまで、コスプレ観劇奴に遭遇した衝撃と憤怒を何とか論理的思考に変換し、なぜコスプレが観劇に相応しくないのか、について自分なりの結論に達しました。私自身、臭いものに蓋をする感覚で目を背けて来ましたが、ここまで考察できて良かった。いや全然良くないけど。本音は置いといて、この話の補足をしたいと思います。

 

実は、今回私が目撃したコスプレ観劇のお一人は視覚障がいをお持ちの方で、白杖をついておられました。もうお一人は白杖をついてはなかったけれど、お手洗いで介助を必要とされていらしたので、もしかしたらそうだったのかもしれません。語弊を恐れずに言いますが、もしこのお二人が視覚障がいの方でなかったら、周りが注意しようにも注意できないあの異様な雰囲気は生まれなかったのではないか、どこかしらから聞こえよがしに悪口を言う声が上がったのではないか、と私は思います。それこそが差別と言われればそれまでですが、視覚障がいの方だからこそ何も言えなかったというのはあるかもしません。

だって、もしかしたらマナーについての知識を得るのが難しい状況だったのかもしれない。彼女たちの大変さを同じ状況でない限り誰も理解することはできないわけです。音声で観劇を楽しみにいらしたのなら、そういう楽しみ方があって全然いいと思うし、むしろ全力で楽しんでほしい。普通にマナーを守ってもらえればそう思ったはずです。

だけど、残念ながらマナーを守ってくれていませんでした。私が思ったのは、平等に扱われたいと願うなら、なぜ、みなと同じルールを守らないのか?ということ。そこには、①でも述べたように、自分だけは許される、という下心が透けていました。それがどこから生まれるものなのかわかりません。何となく想像はつくけど。

もうコスプレ云々とか関係ないですね。

誰もが行きたい場所に行って、誰もが様々なコンテンツを自由に楽しむ権利があると思う。でもそこで、大多数が不快に思うマナー違反をやらかしてしまったら、出入りしにくくなるのは自分です。自分で自分の首を絞めているに他ならないと思います。

まぁ、彼女たちを次に劇場で見かけるのが楽しみです。

コスプレ観劇奴に遭遇した話は以上です。長々と申し訳ありませんでした!

コスプレ観劇奴に遭遇した話②

怒りを堪え比較的冷静な序章を経て、コスプレ観劇奴に遭遇した話を続けます。

観劇って、劇を観るって書くじゃないですか。私たちは、観るお客さん、つまり観客です。私たちは、観る側なんです。観られる側じゃない。
私はレイヤーさんじゃないから間違っているかもしれないけど、コスプレって見られることを意識しているものではないでしょうか。キャラを愛しているから行うのだ、と仰る方も多くおられると思いますが、その方々も、見られることは全く意識していないのですか、と問うて、否定する方は少ないと思う。
話が脱線しましたが、観劇において客は観る側、観られる側はキャストさんです。キャストさんを観るためにお金を払う、それが観劇です。
でもその客席に、キャストに承認されることを意識した人が座る。場違いだし、目的が違う。コスプレで承認されたいなら、コスプレをするための場所に行けばいい。なぜ、キャストさんに自分のコスプレを承認されなければならないのでしょう?なぜ、他の多くのお客さんを不快にしてまで目立とうとするのでしょう?

ごめんなさい、全然わかりません。

 

観劇のためにオシャレするのも、キャストに対する承認欲求じゃないのか、という反論もあると思う。ドレスアップとまでは行かないまでもよそいきの格好して来てる人もいて、私にはそのドレスアップがコスプレなんです、という理論。

行き過ぎなんですよ。

友達の結婚式に、ウェディングドレスで来る人はいないでしょ。あ、阪急電車という小説にそういう短編がありましたがあれは物語だから置いておくとして、そう、観劇にコスプレって、招待された結婚式にウェディングドレスで来ちゃった状況。

そのことは常識がないとわかるのに、なぜ観劇にコスプレが非常識だとは認識できないのでしょうか?

 

あと、目の前にプロの叡智を結集した最高のコスプレ、ともいうべき形のキャストさんがいるのに、その前で自分のコスプレを披露できるメンタルの強さがもう全く理解の範疇外。私だったらその状態でキャストさんの網膜に映り込むくらいなら死を選びます、冗談ではなく本気です。

キャストさんが明らかに逸脱したマナー違反を構うことも問題だと言う人がいて、確かにそれも問題かもしれません。でも多くのお客さんを楽しませようと必死でパフォーマンスしているときに、冷静に選別できる役者さんは多くはない。そもそもファンサービス自体が、その名のとおりサービスであり、無給の残業みたいなものなのだから、そこにマナー違反を選別しろ、という要求はお門違いです。だって私たちがマナー守ればいいだけでしょ。
例えば同じ並びに、マナー違反が1人いて、そいつを無視するために他の多くのちゃんとしたお客さんを悲しませるわけにはいかないわけだから、私だったらそのマナー違反者も同じように相手すると思う。だってそうする以外どうしようもないでしょうよ。

いやすいません、大変おこがましいですが、もしも、もしも私だったら。もしも私が若手俳優で、熱狂の中でも冷静さを保てるタイプだったら、超絶笑顔からの頭撫でるフリしてウィッグもぎ取って投げつけると思います。神様ありがとう、私を男性若手俳優にしないでくれて。マナー違反者の過激な弾圧で炎上して仕事干されてたと思う。本当にありがとう。

私をそこらへんの適当な若づくりおばさんに造形した神とこの世界に、心からの感謝を。

 

長くなりましたが、③に続きます。

コスプレ観劇奴に遭遇した話①

こんばんは〜!ねぇちょっと、みんなきいてきいて〜!!!!若づくりおばさん、ついにコスプレ観劇奴に間近で遭遇しました!

今回は、コスプレ観劇奴に対する怒りをブチまけて行きたいと思います。もしかしたら、レイヤーさんを不快にさせる発言があるかもしれませんので、ご心配な方はブラウザバック推奨。それでは行きましょう!

そのものを見たとき、私は一瞬、それが何なのか、認識できなかった。自分の目の前を通り過ぎたものが、この場所に存在するはずのないものであることを脳は瞬時に感じ取り、礼儀に反し体が反応するのを止めることはできなかった。だか、すぐに後悔することになる。振り返った私の目に飛び込んできたもの、それは。
銀の髪、金の髪。
地毛を染めたものでないことはすぐにわかる人工的なキューティクル、おそるおそる視線を落とした先には、これから見るはずの舞台のキャラクター衣装。
ここは劇場、劇場のはず、ちょっと待ってさっき着いたばかりだけど私はレイヤーさんでもないのにコスプレ会場に来ちゃった?
そんなわけあるかい。

本当に申し訳ないけど、吐き気がしてその2人のご尊顔を直視奉ることができなかった、たぶん私の心と体が全力で拒否したんだと思う。でも頑張ってどういう状況かを確認した。だって今までも2.5次元界隈にいて、コスプレ観劇奴と完全に無縁だったわけじゃない、何となく遠目で見たこともないわけでもない、でも自分の目の前を横切ったのは初めて。だから頑張ろう。努力家な若づくりおばさんは意に反して彼女たちとその周囲を観察しました。

劇場のスタッフさんすら、奇異の目で見ていて、他のお客さんはもちろん、うわぁ…という雰囲気。とにかく異様な状況でした。どう考えても場違いな人たちが紛れ込んでしまったコソコソした雰囲気。でも誰も注意できない、注意しない。たぶんこれにはおそらくちょっとした事情が絡んでいるけど、それは後述します。その雰囲気に気づいてない2人はキャラクター同士寄り添って、とても楽しそうで堂々としていました。

そこから若づくりおばさんは考えたんです、なぜ、観劇にコスプレが場違いなのか。これ、考えてみたんですけど、意外と難しい気がしました。公式が禁止してる、だけでは納得させられないんじゃないんでしょうか。マナー違反です!と言って、観劇にコスプレして来るような自己顕示欲の強い人が諦めるでしょうか、自分だけは許される、コスプレして客席にいれば客席降りするキャストさんが反応してくれるという下心がベースにあるのは間違いないわけですから、そういった方々にマナーを説いても、たぶん心の中では別にいいじゃん、と思われているだろうと推察します。
若づくりおばさんは、素人のコスプレを見るために高いチケット代を払っているわけじゃないし、正直もう二度と目の前をコスプレ観劇奴に横切ってほしくない。今日で君達は私の親の敵に認定された。しかし、まずは敵に理を説こう。無差別攻撃はそれからにしたいと思う。

さて、続きます。

 

 

池袋じゃないとイヤイヤ

 バレンタインデーに推しの事務所にチョコレート送るか散々迷った若手俳優オタクのおねいさんたちこんにちは~!!!チョコ送りましたか!!?みんな同じこと考えそうだし、そもそも自分の推しがチョコをそんなに沢山食べるかわからないし、あげても推しの周りにいるモデル崩れのバカ女に食われるかもしれないし、あっじゃあコーヒーとかチョコに合うものを差し入れて「ちょっと違う気の利くものを差し入れるファン」として記憶に残っちゃう?とか考えすぎて具合悪くなってませんか~!!!!私はそんな感じで具合悪くなってます、若づくりおばさんです。
 季節ネタに媚売るのはこのへんでやめておいて、上半期のチケ取りが激化する日々で疲労した若手俳優オタクのおねいさんたち~お元気ですか~心が荒むのは寒さのせいだけではない気がします。ついにポエ美以外のネタができたのでご報告します。些細な愚痴なんで面白くないかもしれません。
 最近他の方のブログを読んで、結論を章ごとにまとめてあるのいいなと思ったので今回からその形式でお送りします。

 

①オタクは池袋がお好き
 最近ツィッターでチケット交換の相手を探すの便利だからよくやってます。今までは割と観劇慣れ、チケット交換慣れしたおねいさま方とお取引きさせていただくことが多くて、快適な記憶しかありませんでした。でも、ツィッターだとやはり有象無像をはじききれないし、何より2.5次元はグッズ取引慣れしてる人は多いのかもしれないけど、チケット取引慣れしてない方が多いような気がします。いやそもそも、交換取引で予定をすり合わせるってことに慣れてないのだろうか。

 それで思ったんですけど、オタクの人ってなんで待ち合わせ場所池袋指定なんですか?いや私も中学2年生のときに幽遊白書のせいで腐女子になった筋金入りのオタクですよ。ナルトはカカイル推しだし、封神演義だと哪吒が好きで、ガンダム種ではアスランの女の趣味の悪さに涙したどうしようもないオタクです!!!池袋だって慣れたもんですよ、でも池袋で取引しないと呪われたり、何かの病を発症したりはしないんです。

  最近のオタクは違うの?改札内取引とか、機密取引してるスパイみたいで怪しいけど改札越しの取引とかも普通に行われいるので、できれば新宿か渋谷で…と平身低頭お願いしても、池袋ならいいけど、新宿か渋谷は当方の路線的に遠くなってしまいますなーんてバカ丁寧な敬語で言われた経験、おねいさま方ありませんか?西武線とか東武東上線とかその辺利用の方にそう言われるのはまあわからんでもない。でもだいたいは、電車賃ケチってんだよね。他人が電車賃かけて自分の指定する場所に出てくることは気にならないけど、自分がたった一回乗り換えればいいだけの新宿渋谷も嫌、たとえ改札内取引でも無理、とにかく池袋なら行けます!ってごり押しするオタク層が観劇するようになってる印象。みんなそんなに池袋が便利なんでしょうか、ものすごく疑問です。

②頑張ってる過程を実況中継する
 上記の、池袋じゃないとイヤイヤちゃんとお取引することになった当日、私が池袋に向かう電車に乗ったところでDMを受け取りました。「当方の乗っている路線が人身事故のため大幅な遅れとなり、お待たせする可能性がございます、申し訳ありません」うん。人身事故は君のせいじゃないのでそんなに慇懃に謝ってくれなくて大丈夫です、ありがとうございます。そこからのやり取りなんですけど、こちらがこのくらいなら待てます、何時ころになりますか?と訊いてようやく時間が知らされるんですね。
 これって普通なんでしょうか?たとえ自分が原因でない遅れであっても、そもそも相手が待てるかどうか、今日このまま取引できるかどうかを早急に確認しませんか?謝るのは大切だけど、謝るだけのDMでは何も進みません。焦ってたのでは?と言われるかもしれませんけど、そんなんはわかってます。でもこっちはすでに動き出してるし暇じゃないんだから、さっさと時間知らせてくれた方が助かります。
 そしたら今度はイヤイヤちゃんが実況を始めました、今振替ルート調べてます、乗り換えができる駅で電車が止まらない可能性があり振替して向かうことも難しいです云々。
 で???で、結局あなたはどうしたいんですか?
 難しいですって、それって池袋ですでに待ってる私に、今日の取引中止にしてほしいってこと?振替ルート調べるのも急ぐのも当たり前のことだし、そんなん私に関係あるかな?正直関係ないんで、ごちゃごちゃ言わずにさっさと来るか、スケジュールの再調整願い出るとかあるだろ、あなた本当に社会人ですか?
 この、当たり前の「頑張ってる過程」を実況中継するタイプ、特にオタクに多いと思う。ツィッターのような呟きと、人対人のコミュニケーションを混同しているのか、自分の頑張ってる過程に全世界が興味を持つと思う自意識過剰なのか、それは私にはよくわかりません。

 オタクだろうと何だろうと、社会人として当たり前の気遣いの、相手の状況を想像するっていうのやってほしい。同じオタクだからって同じように常識がないわけじゃないし、初対面の相手を同じジャンルのオタクだからって好意的に見れるほど博愛主義者じゃないんです。
 私の考え方は冷たいんですかね~?とりあえず、オタクは忙しいので、取引はスムーズに済ませたいけどなかなかうまくいかないというお話でした。お読みいただきありがとうございます。

茶の間ちゃんのその後

ご無沙汰しています、若づくりおばさんです。茶の間ちゃんと訣別した2016年も去り、新しい年が始まりました〜2017年の推し事も順調に進めさせていただいております。本当にありがとうございます。

さよならポエ美!
お前のことは忘れて私は新しい年を思いっきり楽しむからな!
とは行かないのがsnsのある現代ですよね。訣別した相手の現在も覗き見ることができる…すいません、性格悪いんでちょくちょく覗き見てます。ものすごく暇な時な。

それはまた後で話すんですけど、実は私、ポエ美ちゃんからお手紙をいただきました。
自宅に届いたんですよ、恐怖ですよね。
そこそこ傷ついたんで、手紙でまたぶん殴られるのかと思って開けるの本当に怖かったし、ひとりで怖い怖い怖い!って叫びながら、でもやっぱり何が書いてあるのか好奇心に負けて開封しました。

反省文でした。

自分が悪かったと思うこと、私の説明に対し全て感情論で返してしまったこと、推しの死ぬ姿が見れないなんてお金がなくて舞台に行けない言い訳を美化しただけだったこと。悲劇のヒロインの反省文がツラツラ書いてありました。最終的にはもう友達じゃなくていいから知人として?復縁を迫る内容だったんですけど、私こういうの多いんだなぁ。
学生時代から一方的に別れを告げてきて、やっぱり若づくりおばさんじゃないとダメなの〜って走って戻ってきたアキ子、今どうしてるかな元気かな、少しは痩せた?

ポエ美ちゃんのお手紙にちょっと絆されそうになっちゃった若づくりおばさんですけど、きっと年なんでしょうね。寒い季節だしね。よく読んだけど、私が何を嫌だと思ったのは全然伝わってなかったし、ポエ美は結局自分が何をしたのか気づいてない感じでした。

手紙もきっと、可哀想な自分に酔いながら誠意を尽くしたって証が欲しくて書いたんだろうなぁ。だって手紙ですよ、手紙。東野圭吾先生ですか何ですか、私を勝手に登場人物にするのやめてくれよ。
これに返信しなかったら、きっと、手紙まで書いたのに返信なかった!私は誠意を尽くしたのに!って思われるんだろうなぁ。

だから、返信書きました。

ここのブログに書いたように、素直になってほしかったこととか。割と正直に書いて、でももう復縁はできないよって。ごめんな、さすがに若づくりおばさんも疲れるんだよ。

でも出してません。またポエ美ちゃんが打ちのめされて、悪の首領の冷酷非道残忍な女に自分がなるんだと思うとポストに投函できてない。

手紙はまだ部屋にあります。

謝辞

若手俳優オタク30女が、情けない思いを赤裸々に語ってみた茶の間ちゃんウォーズ、いかがでしたでしょうか?

ありがとうが足りない!ってポエマーに叱られたばかりなのもあって不安オブ不安なので、あらためて読んでくださった皆様にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。皆様がどう思われているのかはわからないのですが、こちらは書くことで気持ちを整理できました。

5年付き合った友人との関係が破綻したのは久々に芯から疲れました。オタクを隠し社会で活躍する女性たる我々、ただでさえ仕事でクタクタなのに、なぜ自分を癒すための趣味でまでメンタルをやられなくてはならないのか。30過ぎると、徹夜がきついどころか、友人関係でも無理とかきかなくなるんですね。本当に学びました。学びたくなかったなぁ、楽しく友達で居続けたかった。

趣味で大事なことって、無理しないことだと思う。特に、推すという3次元の男性を相手にした行為なら、あからさまに誰かと張り合わない方がいいです。まぁ同担には負けてられませんけど。ポエ美ちゃんは他担でしたからね。若づくりおばさんは、基本的に同担とは付き合わないようにしています。女は数人集まれば水面下でマウント取り合い始める生き物だと考えているので、同じ男を好きなもの同士で集まるとか茶番です。相手が若手俳優さんで時々接触とかもある方ならなおさら、疲れるのでできるだけ同担は避けています。

これからも現場はかぶると思うんですが、そこではポエ美を見ても変に固まったりギクシャクしたり無視したりせずに、半跏思惟像のような笑みを口元に讃えて会釈したいです。茶の間ちゃんが読めば反感しか買わないであろうブログですが、今頑張っている方で、もし友人が茶の間でイラッとしていたり、正直同担が苦手なのに無理している人に伝えたい。もう大人なんだから無理すんな。大人なんだから付き合いたくない人間と付き合う必要なんかないんです。責任持って取捨選択してください。私みたいに結構前から兆候があったのに、目を背けて、いい子だから!って呪文を自分自身にかけて我慢すると結局こういう目に遭います。ある意味私がポエ美ちゃんに好き放題言われて終わったのは、そういうこと言って切り捨ててもいいって思われてたからだと思う。

説教くさくなりましたが、伝えたいのは以上です。ポエ美以外にも題材は様々あるんで、また書きたいと思います。

本当にありがとうございました。

茶の間ちゃんウォーズ終幕

友達って何なんですかね。30になってこんなことを自問自答する若づくりおばさん。これまで私は自分が友達だったらこうする、という思いに従って結構誠実にポエ美に接してきたと思うんですけど、全然伝わってなかった気がします。もし私の誠実さが足りなかったと思われる方がいらっしゃれば、どうしたらよかったのか、教えてください。今後の人間関係に活かしたいです。

「プレゼントの件で喜んでくれなかったとき、この人は私のことでは喜んでくれなくて、自分が認められたいだけなんだなって思いました」
ねぇ、こっちの台詞だよ。友達は自分を満足させるためのツールなんでしょうか?私はそのときの自分ができる範囲で祝福したのですが、足りなかったとポエ美は言う。足りなかったから自分を認めてくれてないって僻んでるのではポエ美じゃないんでしょうか。私にはそういう発想がなかったので本当にびっくりしたなぁ。

「チケットの当落が出た日、私は仕事で携帯を確認できないのに催促されて、確認して落選だったらありがとうの一言だけでした」
すみません、もう何が悪いか理解できません。昼過ぎにチケット当落が出て、催促したの夕方くらいだったと思う。その頃にはみんな当落出揃って譲渡交換動き始めてから。しかも確認してほしいって一度言っただけです。感謝が足りなかったとポエ美ちゃん。ものすごい上から目線だな。チケットに申し込んであげてるって意識が根底にあるんでしょうね、自分も行くのに。それに本気で申し込んだチケットの落選って辛くないですか。それこそポエ美ちゃんの言うように、ショックで固まっちゃうくらい。でも次の手を考えてチケットを手に入れないといけない、立ち止まってる暇なんかないんです。それでも、今度は大事な一人息子が東大に合格したみたいなテンションで、ありがとう!そしてありがとう!って言わなくちゃいけない。それを友達に求めるポエ美。もう永遠にシュテルンビルトの上空巡回でもしててくれ。頼むから私のところに降りて来ないで。

チケットが取れなかった〜!誰か恵んでくれないかなぁ?って乞食するがごとく、友人関係にもリアクション乞食。きっとポエ美の中では、若づくりおばさんこそ自分勝手でリアクションの薄い冷酷な友達甲斐のない奴なんでしょうね。上から目線でリアクション要求しても許されるのが友達なんだったら、もうやっていけない。でも、最後に言われた台詞の中にはこんなものもありました。

あなたとはもう友達でいられません。

こっ…ちのセリフだよ!!!!最後の最後までマウント取られましたね。せっかく友達でいてあげたのに、そんなこと言うなら友達でいてあげられませんって。正直者がバカを見るってこのことではないでしょうか、せめて離れる理由を伝えようとしたら、砂かけられて目が潰れたわ。本当に衝撃でした、本当に疲れた。若づくりおばさんは5年を無駄にしたと思う。社会で活躍が期待される女性として仕事も趣味も頑張ってきたけど、このかつてない徒労感。もう2度と年下のオタクと真剣な友人関係は構築しない、と決意したくなるほどでした。

以上、茶の間ちゃんウォーズ終幕となります。結局、若づくりおばさんの惨敗でしたね。また何か思い出したら書きます。ここまでありがとうございました!
読んでくださった方々、お礼、足りてないですかね?